2011年02月14日

グラミー賞

米国最高峰の音楽賞「第53回グラミー賞」の授賞式が13日(米国時間)、ロサンゼルスであり、日本人アーティスト二人が快挙を成し遂げた。

日本のロックバンド「B’z」の松本孝弘さんと米ギタリスト、ラリー・カールトンさんが共演した「TAKE YOUR PICK」が、最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞を受賞。



内田光子さんがクリーブランド管弦楽団と共演した「内田光子/モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番・第24番」が最優秀インストゥルメンタル・ソリスト演奏賞を受賞。



あっぱれ!ですよね。



posted by sepluveda at 12:14 | Comment(0) | グラミー賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

そうなんだ日記」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。